Share on Facebook
LINEで送る

がん免疫療法について

皆さん現在のがん治療は、以前の治療法よりも進んでいるそうです。
がんの治療法といえば、【放射線照射療法】と【外科手術】、そして【薬物療法】が有名ですね。

それぞれの治療法の、良い面と悪い面を挙げるとすると、
【放射線照射療法】
・ がん細胞に対して、体外から放射線を照射して死滅させることができるので、臓器をがん発生前と同じ状態にして置くことができる。
・ 放射線照射による障害(肌の炎症や脱毛、めまいや食欲不振など)が、起きやすい。
【外科手術】
・ がんに侵された臓器だけでは無く、転移が起きている細胞やリンパ節なども切除することができる。
・ 切除した臓器などが担ってきた機能が無くなるので、がんになる以前と同じ日常生活を送ることが難しくなる。
【薬物療法】
・ 抗がん剤を用いることにより、がんの死滅や増殖防止などができる。
小さな転移に対しても、治療効果を認めることできる。
・ 薬物による副作用や、その他の臓器などへの障害が起きることがある。
などが挙げられます。

そんななか新日本橋石井クリニックでは、【ANK免疫細胞療法】という最新治療を行なっています。
この療法は、患者さんの体内の免疫細胞を利用するので、副作用などが起きにくく、また他のがん治療とも一緒に行なうことができる物です。
がんの完治を目指すなら、ぜひ新日本橋石井クリニックに受診して、免疫細胞療法をすれば良い結果に繋がりますよ。